酵素ドリンクダイエットのやり方

 酵素ドリンクを使った置き換えダイエットのやり方は簡単です。毎朝、食事がわりに酵素ドリンクを飲むだけというシンプルなものです。

 

もちろん生の果物や野菜を自分で作って飲んでもかまいません。ただ、毎朝、自分で果物と野菜を切り、ミキサーで作るというのはたいへんで、続けれるという方はあまりいないようです。

 

酵素ダイエットを続けることで代謝が上がり、体内の毒素がスムーズに排出されるようになり、脂肪の分解や燃焼も促進され、痩せやすいカラダになっていきます。なかには半年で20kg痩せたという人もいるくらいです。

 

 

酵素が代謝を上げて脂肪を燃焼

 ではなぜ、酵素飲料を飲むだけでこんなにも痩せることができるのでしょうか?

 

その秘密は生の果物や野菜に含まれる「酵素」にあります。間違ったダイエットによる偏った食事で必要な栄養素が取り込まれないと体の消化吸収能力が落ちてしまい、代謝が悪くなります。そうすると、ますまず太りやすい体質になってしまうんです。これを改善してくれるのが代謝を活発にしてくれる酵素ということです。

 

 酵素をたっぷり含むフルーツや野菜をジュースにして摂取することで、効率よく酵素を摂取できるので、老廃物の排出がスムーズになり、ムリなく自然に太りにくい体質になることができます。さらに美肌にも効果的で、いいことづくめなんです。

 

朝の酵素飲料が排泄を助ける

 人間のカラダは1日24時間のうち、トイレなどの「排泄」、食事による「栄養補給と消化」、睡眠による吸収と代謝」の3つのリズムがあります。「排泄」の朝の時間というのは、代謝酵素が頑張っている時間帯なので、消化に負担がかかる朝ごはんより、酵素をたっぷり含んだ酵素飲料で排泄を助けてあげることが大切なんです。

 

ダイエット効果を上げるコツ

 酵素ドリンクでダイエット効果を上げるには4つのコツがあります。

 

朝起きたら胃が空っぽの時に飲む

 胃に消化されていない食べ物が残っていると酵素ドリンクの効果が台無しになってしまいます。朝起きたらコップ一杯の常温水を飲んで血行を促進し、酵素ドリンクをゆっくりと味わうように飲むと効果的です。

作ったジュースはすぐに飲む

 生の果物や野菜は時間が経過すると酸化し、どんどん酵素の力も減少していきます。特にビタミンは栄養素が失われやすく、変色したり、味が変わったリします。もしも酵素ジュースを自分で作ったなら、すぐに飲むようにしまほう。

生のフルーツと野菜で作る

 果物や野菜に含まれる酵素は熱に弱く、48度以上になると壊れてしまいます。なので生のまま摂取するようにしましょう。効率よく栄養素が補給できますよ。

ストレスを感じないで続ける

 もしも酵素ドリンクだけの朝食や生ジュースを作ることが面倒でストレスになってきたら、無理せずにいったんやめるべきです。そんなときは普通に果物を皮をむいて食べるだけでもいいですし、市販の100%ジュースを飲むだけでもよいです。ストレスは美容に最大の敵です。けして無理はしないようにしましょう。

TOPへ